既製デザインとは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

既製デザインとは一から新しく作ったオリジナルのものとは異なり、すでに用意されたデザインのことを言います。のぼり旗製作においては製作会社側が用意したのぼりのレイアウトのテンプレートと考えるとよいでしょう。サイズや色があらかじめ用意されているので目的に合わせて選べばデザインの知識がなくても集客効果などがあるのぼり旗を作ることができます。

オリジナルのデザインは自分で作るため自由度が高いというメリットがありますが、知識や経験がない場合には失敗しやすく目的にあったのぼり旗を作れない可能性もあります。既製デザインは効果を最大限に発揮できるよう工夫されているほか、あらかじめ製作会社側が用意したデザインを利用するため、費用や時間をオリジナルのものよりも少なくすることが可能です。

既存のデザインのため比較的スピーディーに対応してもらうことも可能なので、急ぎの場合や大量に作りたいときにもおすすめできる方法と言えます。

自分で考える・伝える手間が省ける

のぼり旗を既製デザインでオーダーするメリットとしては、自分でオリジナルのデザインを一から考える手間が省けることです。季節商品の場合にはセールが行われていることもあるので、場合によっては安く手に入れることもあります。

のぼり旗のサイズは様々あり場所によってはオリジナルのサイズ対応してくれる場所もありますが、デザインを自分で考える場合ではのぼりの大きさにも注意をはらって製作しなければなりません。目的ののぼりのサイズと異なる場合にはオーダーが出来ないこともあるので注意が必要です。

のぼりの目的は集客や応援などさまざまですが、既製デザインでオーダーすれば相手に伝わりやすいデザインやサイズのものがあらかじめ用意されているので簡単です。会社にもよりますがセールや営業オープンなどのイベント向けをはじめ、特産品やバイキング・屋台の食料品や不動産など様々な用途別にデザインが用意されているので自分の目的にあったものを選べば時間を短縮することもできます。

プロが考えたデザインだから安心して使える

のぼり旗に顧客を増やすなどの効果をのぼりに期待するのなら、商品内容などがきちんと顧客に伝わるデザインを考えなければなりませんが、既製デザインはこれらの効果を踏まえてプロが考えたデザインなので安心して使うことができるというメリットがあります。デザインの知識がなくても集客や応援などの効果の高いのぼりを作ることができるので、初めてのぼりを作る方には特におすすめです。

またのぼり旗のデザインはデザインしてはダメと言われるようにデザイン性よりも集客力を求められます。

のぼりをオリジナルのデザインで自分で製作する場合には写真やイラスト・文字入力ができるソフトなどが必要になりますが、既製デザインならそれらにかかる費用や手間が必要ありません。著作権などの問題もすでにクリアされているので、オーダーするだけでプロの技術で作られたのぼり旗を簡単に手に入れることが出来ます。

食べ物の写真などは美味しく見せるライティングをした写真が使われていたり、季節感にあったカラーリングがされているなど工夫がされていますので目的に合わせて選んでみてはいかがでしょうか。

当社ののぼり旗既成デザインはこちら

関連記事

10のぼり旗製作のこだわり

ご連絡先
  • あなたにとっておきのデザインで
    素敵な完全オリジナルのぼり旗をあなたに
  • 京都のれん株式会社
  • 〒604-8235
    京都府京都市中京区錦堀川町659
    京都松田ビル7F
  • 営業時間 平日9:00−18:00
  • 電話 075-254-2354
  • FAX 075-254-2357
ダウンロードアイテム データ入稿用テンプレート Fax注文書 カタログお取り寄せ

アーカイブ