拡張子

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

デザインデータ入稿時に気にしなければならない「拡張子」とは

作成したデザインを入稿する場合、一般的に使用されている業務用デザインソフト(イラストレーターフォトショップなど)に対応したものである必要があります。保存されたデータは拡張子によって対応できるソフトが変わってきますので、指定されたデザイン形式のものを使用することが大切です。

オリジナルのぼり旗のデザイン作成に使用されるデータは完成されたものであればそれをもとに印刷されるので、指定の縮尺で作成されている場合、同様のデータ形式でなければ縮尺寸法などに違いが生じてしまいます。
同じソフトでも保存形式に種類の違いや形式の異なる場合もあるので、依頼する際にはマニュアルに従ったファイル形式を選ぶことが重要です。

オリジナルのぼり旗の作成には使用される図柄や書体などを使用する際に、データを図形化して埋め込む作業やカラーを指定されることもあります。同じソフトでも新旧バージョンの違いなどもあるので、開けるバージョンを想定した保存形式を選ぶことも大事になります。

会社ごとに対応している形式は違うので要確認

オリジナルのぼり旗のデザインデータを入稿するとき、依頼する会社により対応形式が違うことがあります。

これを回避するためには作成前に形式を業者に確認しなければなりません。同じソフトでも使用される機材の違いによって対応するOSが異なる場合があります。

デザインや印刷関係を主な業務にしている会社にはよくあることなので、オリジナルのぼり旗のデザイン作成前に必ず一度問い合わせていただけると幸いです。

入稿に対応していないデータ形式で作成した場合、どんなによくできたデザインであってもそれを使用して印刷することは不可能なので、使用しているソフトでその拡張子での保存が対応しているかの確認も必要になります。
現在では同じソフトでなくても互換性を持つソフトも使われており、遜色のないデータの保存が可能になっています。デザインの縮尺や書体の図形化なども行えるものであれば、劣化のない入稿ができる場合もあるので、必要に応じて確認してみることが大切です。

主な拡張子

  1. jpg

  2. ai

  3. psd

  4. EPS

  5.     PDF     など

関連記事