平織とは

凸凹がなくて使いやすい【三原組織のひとつ・平織】

平織とは経糸と緯糸を交互に浮き沈みさせて織り上げる最もシンプルな織物組織です。

綾織、繻子織と並んで三原組織のひとつとされており、左右対称の模様になる点に特徴があります。

平織の中でも縦と横の糸を2本もしくは数本ずつ引き揃えて織ったものは魚子織と呼ばれます。

代表的な平織にはオックスフォードやキャラコ、ギンガムなどがあります。
このタイプの布には丈夫で破れにくいというメリットが存在します。
布を横から見たときに凸凹がなく裏側もあまり透けません。
浴衣を作る布としても利用されています。
綿コーマと呼ばれる丈夫な木綿のコーマ糸を使用した平織の布は浴衣だけでなく洋服やインテリアの生地としても利用されます。

当社対応生地一覧

〇綿

〇麻

〇ポリエステル

コーマ糸を作るには不揃いの糸を取り除く工程が必要です。
手間がかかるため高級品とされており、コーマ糸で作った布も比較的高額で取引されています。
綿以外にも麻や毛、絹などを利用した平織の布が存在します。
高級な呉服屋風呂敷などに使用される絹のちりめんも平織の布です。

鞄などに使用される帆布は綿や麻の糸を平織にします。
帆布は織り方の密度などによって厚さが1号から11号まであり相撲の廻しや油絵用のキャンバス、テントなどにも利用されています。

その他代表的な織り方三原組織 平織 朱子織 綾織

のぼり旗製作10のこだわり

ご連絡先
  • あなたにとっておきのデザインで
    素敵な完全オリジナルのぼり旗をあなたに
  • 京都のれん株式会社
  • 〒604-8235
    京都府京都市中京区錦堀川町659
    京都松田ビル7F
  • 営業時間 平日9:00−18:00
  • 電話 075-254-2354
  • FAX 075-254-2357

京都のれんのいろんなこと

ダウンロードアイテム データ入稿用テンプレート Fax注文書 カタログお取り寄せ