季節のフルーツをアピール

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
伝える

のぼり旗は、レストランや販売店などでよく見かける宣伝方法です。
お店の前や周りにのぼり旗を掲げることで
自動車の中からも目に付きやすく来店につながるのです。

のぼり旗には、その時に売り出したい商品名やサービスやキャンペーンなどを
行なっているということを簡単にわかりやすく書いて示しています。

果物屋では季節のフルーツをのぼり旗でアピールしています。
春にはメロンやイチゴ、夏には桃やビワやスイカ
秋には柿や梨やぶどう、冬にはミカンなどの旬のフルーツを旗に掲げることが多いです。

のぼり旗には宣伝以外にも、道の途中からお店まで掲げることで
道案内の役割を果たすこともあります。
初めて来店されるお客様にとってはわかりやすくて良いサービスです。

お店をアピールする訳ですからお店の印象を持たせるデザインはとても重要です。
果物屋の場合では、アピールしたい季節のフルーツのイラストを入れることで
印象に残りやすくなるでしょう。

関連記事