季節のフルーツをアピール

季節のフルーツのぼり

季節のフルーツのぼりのぼり旗は、レストランや販売店などでよく見かける宣伝方法です。
お店の前や周りにのぼり旗を掲げることで自動車の中からも
目に付きやすく来店につながるのです。

のぼり旗には、その時に売り出したい商品名やサービスや
キャンペーンなどを行なっているということを簡単に
わかりやすく書いて示しています。

果物屋では季節のフルーツをのぼり旗でアピールしています。

春にはメロンやイチゴ、夏には桃やビワやスイカ、
秋には柿や梨やぶどう、冬にはミカンなどの旬のフルーツを
旗に掲げることが多いです。

農園案内のぼりのぼり旗には宣伝以外にも、道の途中からお店まで掲げることで
道案内の役割を果たすこともあります。

初めて来店されるお客様にとってはわかりやすくて良いサービスです。

お店をアピールする訳ですからお店の印象を持たせるデザインは
とても重要です。

果物屋の場合では、アピールしたい季節のフルーツのイラストを
入れることで印象に残りやすくなるでしょう。

10月頃に旬な果物は?生産量が多い地域はどこ?

10月というのは秋の季節の真っただ中ということもあり美味しい食べ物もたくさんあるものですが、秋の味覚としても美味しい食べ物はたくさんあります。

秋の味覚として挙げられるもののひとつには、くりが挙げられますがこの月の取引量は237トンと非常に高い取引量となっており、一年間で見た場合においてもおよそ30パーセントの量が出まわるということになります。地域別に見た場合には、茨城県がもっとも多いものでおよそ219トンと断トツで群を抜いています。

長野県が4トンで熊本県が3トンと日本全国的に幅広い地域においての取引量が多いということになります。もうひとつのこの時期としての取引量の多い秋の味覚として挙げられるものは、日本梨という果物が挙げられます。

この月の取引量というのは、3324トンということになり年間の取引量のおよそ14パーセントが出まわるということになります。次にどの地域が多いのかという県別で見た場合には、栃木県がもっとも多く936トンで福島県においても821トンとこのような地域が取引量が多いということがわかります。

その次の3位は新潟県で377トンとなっています。やはり地域にかたまって多いということになります。

関連記事

10のぼり旗製作のこだわり

ご連絡先
  • あなたにとっておきのデザインで
    素敵な完全オリジナルのぼり旗をあなたに
  • 京都のれん株式会社
  • 〒604-8235
    京都府京都市中京区錦堀川町659
    京都松田ビル4F南
  • 営業時間 平日9:00−18:00
  • 電話 075-254-2354
  • FAX 075-254-2357
ダウンロードアイテム データ入稿用テンプレート Fax注文書 カタログお取り寄せ

アーカイブ