子供の手描き幟で地域活性化

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
利用

地方が抱える問題の一つとして、町全体の高齢化が挙げられます。
若い方はどんどん利便性の良いエリアへ行ってしまうケースも多々ありますので
それによって町全体の平均年齢が上がってしまいます。

そういった現状は自治体としても由々しき問題として考えているものですが
活気のある町を取り戻す為にも対策が必要です。

一口に対策と言っても色々な方法がありますが、一つの方法として
幟を活用するのも良いと言えます。

幟は宣伝活動の際によく利用されている媒体ですが、
地域活性化の為にも役立てる事ができます。

活用方法は様々ですが、例えば子供の手描きポスターを幟のデザインにし
そして子供のいる町として宣伝をするのも良いのではないでしょうか。

子供の手描きポスターの幟がある事によって若さをアピールする
事ができますので、町の若返りに役立てる事ができます。
そういった場合白のぼりを使います。

幟ならコストもそれほど掛かりませんので、どんどん役立ててみる事ができると言えます。

 

超高齢化社会に突入!日本の高齢化の原因と問題

65歳以上の高齢者の数は2017年には3700万人を突破し実に人口の4分の1を占めるに至っています。
14歳以下の子供の全体の人口に占める割合はベビーブームの1975年の24.3%から2018年には12.3%とほぼ半減しています。
年齢の年齢別の相対割合の推移を見れば、日本が超高齢化社会の突入したのは明らかですが、総人口数の推移をみると新たな社会へと踏み出したことを痛感させられます。

2007年から2010年までは人口の減少と増加を繰り返してしましたが、2011年には26万人もの人口が減少し、それ以降もこの傾向が定着したことから人口減少社会にも突入したと考えられています。

政府は出生数を安ための育児休暇を男性でも取得することを後押したり、予算配分などで政策適手立てを講じているものの有効な決定打を出せないままでいるのが現状です。
高齢化社会や人口減少社会はまだ地方の過疎地域が直面する課題との認識が強いですが、この傾向はやがては都市部でも波及することが予想されており、首都東京でも地域によっては、現代の地方自治体が抱えるのと同様の問題に直面するものと見られています。人口減少と超高齢化社会は全国どこにあっても喫緊の課題になっているのです。

関連記事

10のぼり旗製作のこだわり

ご連絡先
  • あなたにとっておきのデザインで
    素敵な完全オリジナルのぼり旗をあなたに
  • 京都のれん株式会社
  • 〒604-8235
    京都府京都市中京区錦堀川町659
    京都松田ビル7F
  • 営業時間 平日9:00−18:00
  • 電話 075-254-2354
  • FAX 075-254-2357
ダウンロードアイテム データ入稿用テンプレート Fax注文書 カタログお取り寄せ

アーカイブ