子どもにも親しみやすい幟のデザイン

飛び出し注意通学路

スピード東京だけに限らず、見通しの悪い場所というのは全国各地にありますが、
そういった地域の悩みと言えばやはり子ども絡みの事故が発生して
しまわないかの不安でしょう。

そこで重要になるのが交通安全運動ですが、その際に役立つのが幟です。
東京でも幟に「子どもの通学路が近い」、「スピード注意」などの印刷を
施す事によってドライバーに危険を知らせる事ができますので、事故を
未然に防ぐ為にも役立てる事ができます。

また、東京のおいても幟は目立ち易いという事もあり、ドライバーにも
見てもらい易いメリットがあります。

幟は東京でも他の用途に利用する事ができますが、例えばあいさつ運動の
広告として役立ちます。

通学路地域の活性化の一環として挨拶運動を行っているようなところが
東京にもありますが「あいさつ運動実施中」などの幟を用意する事で
お手軽にキャンペーンの宣伝をする事ができます。

その際には子どもにも親しみ易いデザインにする事によって興味を
惹く事ができますし、宣伝効果もアップさせる事ができますので、
デザイン次第で効果が違ってくるのが東京の幟の魅力でもあります。

日本における「交通安全」とは|交通事故を防止する

交通安全とは単体の乗り物あるいは複数の乗り物、そのほか乗り物と人などの事故が発生しないよう安心して往来することの意味を持っています。

また交通事故防止の言い換えでもあるほか、それを心がけたり取り組むことでもあります。車などの陸上による交通以外にも航空や海上でも使われる言葉です。

安全のぼりといえば蛍光のぼり

日本では道路交通法により道路の使用方法や歩行者及び運転手の義務が定められており道路運送法では第22条や第27条などで運行業者の安全義務や事故報告、公表を定めています。

道路運送車両法では車両構造の最低基準を定めリコール制度もこの法律によるものです。道路法は道路のあり方や管理責任が規定されていて法律には政令や告示、通達などがあるほか1970年(昭和45年)に交通事故が多発したため、交通安全対策基本法が制定されました。

そして自転車を対象とした法律が整備されることになり駐輪場が設置されたり、放置自転車への取り組みや適した交通安全に対する教育などが行われています。

また1947年に道路交通取締法が制定され、これは交通安全対策の中心となっていますが、交通法規について刑法とは違うという認識そして警察と市民の信頼関係に立脚するということから1960年に道路交通法に改正となりました。

関連記事

10のぼり旗製作のこだわり

ご連絡先
  • あなたにとっておきのデザインで
    素敵な完全オリジナルのぼり旗をあなたに
  • 京都のれん株式会社
  • 〒604-8235
    京都府京都市中京区錦堀川町659
    京都松田ビル7F
  • 営業時間 平日9:00−18:00
  • 電話 075-254-2354
  • FAX 075-254-2357
ダウンロードアイテム データ入稿用テンプレート Fax注文書 カタログお取り寄せ

アーカイブ