奥まった店は道路際に幟を

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
展覧会開催中

東京で商売をする際に重要なのが立地ですよね。
人に見られ易い場所ですと東京でも存在を知ってもらい易いですし、
知ってもらう事によってお客様にも利用してもらう事ができます。

開催しかしながら時には東京でも奥まった店舗で営業をしている事も
あるものですが、脇道に入らなければ分からないような店舗ですと
なかなか客寄せができない事もあるものです。

東京においてお客様に利用してもらう為にはまず存在を知って
もらう必要がありますが、その為にも活躍するのが幟です。

営業中東京では幟を道路際に置いて営業中という事をアピールすれば存在を知ってもらう事ができますし、少しでも興味を引く事によって足を運んでもらう事ができます。

宣伝をするなら看板でも良さそうなイメージですが、しかし幟である事が大切なのです。

幟のようにユラユラしている媒体というのは人の視線を集め易いという特徴がありますので、看板以上に見てもらい易いですしそれゆえに東京でも高い宣伝効果を期待できます。

街で見かける看板やのぼりにも設置のルール(屋外広告物条例)や法律がある!

幟を設置する場合には、注意すべき点があります。それは私有地か公共の場であるかということです。

自身が保有する土地であれば何ら問題はありませんが、道路などに幟を立てるのであれば許可を取る必要があります。主に道路法や屋外広告法といった法律によって、幟を立ててはいけない場所というものが決められています。

屋外広告法とは景観を守ったり落下などの危険を防止するために設けられ、アドバルーンからはり紙までが対象で、幟も含まれます。特に自治体ごとの条例の効果が強く、それぞれ許可の出やすさや許される広告の種類などが異なります。

さらに道路上に土台を用いて幟を設置する場合は、そちらの点についても申請をしなければなりません。相手は管理している地域の警察署で、交通課が受け付けてくれます。そうして手数料を支払って認められて初めて、正式に幟を道路上に設置できます。

もし申請をしないで無断で幟を置いておくと、通告の後に撤去されてしまいます。中には無断で長い間設置しているところもありますが、それはいつ通報されても何も文句を言えない状態です。

屋外広告物条例は各都道府県や市町村また独自ルールの町内団体等でことなりますので、設置地区のご関係者に一度お問合せしていただくことをおすすめします。クリーンで正しい宣伝がしたいのであれば、然るべき場所にしっかりと申請するようにしましょう。

またその際必ずと言っていいほどのぼりの色は規制があります。
のぼり旗の色合わせいたしますので、当社ではご安心いただけると思います。

関連記事

10のぼり旗製作のこだわり

ご連絡先
  • あなたにとっておきのデザインで
    素敵な完全オリジナルのぼり旗をあなたに
  • 京都のれん株式会社
  • 〒604-8235
    京都府京都市中京区錦堀川町659
    京都松田ビル7F
  • 営業時間 平日9:00−18:00
  • 電話 075-254-2354
  • FAX 075-254-2357
ダウンロードアイテム データ入稿用テンプレート Fax注文書 カタログお取り寄せ

アーカイブ