外国では見かけない広告ツール

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
SALE

日本語日本では、街中を歩いたり車で通りかかると必ずと言っていいほど
たくさんののぼり旗を目にします。

歌舞伎や相撲会場、レストランやパチンコ店やスーパーなど
あらゆる場所で見かけるものです。

のぼり旗には宣伝効果とお店を印象づける効果があります。

このように当たり前のように生活の中で見かけるものですが、
他の国ではあまり見かけないものです。

外国からの観光客の方がのぼり旗を見てめずらしそうに思われる
のもそのためです。

のぼり旗は、日本で古くから使用されている日本独特の広告なのです。

英語起源は戦国時代にさかのぼり、武将達の戦いの時に使用されて
いたのが始まりです。のぼりには各家紋を入れて戦いの場でも遠く
離れたところから味方がわかるように使用されていたと考えられています。

その文化が現代に引き継がれ、現代ではお店のアピールや宣伝に
使用されるようになったのです。

他の国にはない日本独自の文化をこれからも大切にしたいものです。

のぼりがあるのは日本のみ?その理由とは

平安時代には戦の目印として使われていたのぼりですが、耐久性を向上させるために布を竿に括り付ける際に工夫をするなどしています。何度使ってもすぐには壊れないようにすることで、自軍の目印をわかりやすいものにした為です。

外国でも旗は使われていますが、形は横長で文字も横書きのものばかりです。日本のように縦長ののぼりのような形はあまり使われていません。英語圏などでは横書きで文字を書いていくために、縦長では文章を書きにくいという文化的な面もあります。日本語は昔から縦書きで書かれていたので、のぼりという文化が誕生したのかもしれません。

現在ではお店の前で商品や集客のアピールのために使われるのぼりですが、実は素材にも違いがあります。日本では風になびくように薄くて軽いポリエステル製の生地を使用しています。海外での旗はアクリル製の丈夫で厚みのある生地を使用しているからです。

より重厚な感じがしますし、日本とは形式だけでなく素材なども異なることがよく分かります。外国の人から見ると、街中にこれだけたくさんののぼりがあるというのは不思議な光景のようです。思わず写真に撮ってしまう観光客までいるそうで、文化の違いを意識するきっかけになります。

関連記事

10のぼり旗製作のこだわり

ご連絡先
  • あなたにとっておきのデザインで
    素敵な完全オリジナルのぼり旗をあなたに
  • 京都のれん株式会社
  • 〒604-8235
    京都府京都市中京区錦堀川町659
    京都松田ビル7F
  • 営業時間 平日9:00−18:00
  • 電話 075-254-2354
  • FAX 075-254-2357
ダウンロードアイテム データ入稿用テンプレート Fax注文書 カタログお取り寄せ

アーカイブ