商店街で共通ののぼり

商店街のぼり

商店街のぼり日本国内には、様々な規模の商店街が点在しているといわれていますが
中には上手く集客をすることができないところも少なくないとされます。

そこで、商店街をより活性化させるためにも、のぼり旗の製作に
取り組むことがすすめられており、若者から高齢者まで様々な
年代の人々から支持されるものを設置する必要があります。

のぼり旗の製作にこだわりたい場合にはプロフェッショナルの職人に
依頼をすることが最も効果的ですが、オリジナリティを重視したければ
商店街のメンバーで話し合うことが良いとされます。

大売出しここ最近では、のぼり旗を使ったアピールの仕方について色々な媒体で
取り上げられる機会が増えているため日常的にテレビや雑誌などに目を
通しておくことも重要です。

また、商店街の共通ののぼり旗のメリットに関しては地域社会を盛り上げる
ために有効に活用できるだけではなくビジネスチャンスをうまくつかむ効果
もあることが指摘されています。

日本で一番古い「浅草地下商店街」その人気のひみつとは?

都内の人気観光スポットの一つである浅草、東京を観光した方なら一度は訪れたことがあるでしょう。地下鉄浅草駅には、1955年(昭和30年)に作られた日本最古の地下商店街につながっていることをご存じでしょうか。まるでタイムトラベルしたかのような、昭和レトロの空気をそのまま残しているのです。

浅草地下商店街は戦後から残された東京で1番古い地下街であり。60年以上の歴史があるのです。地元の人に愛されているだけでなく、知る人ぞ知るディープな東京が味わえるスポットとして人気を集めているのです。

安くておいしい人気の飲食店も多いことから、常連客が多いことも特徴です。店舗の種類も気軽に飲める居酒屋から大人気のタイ料理屋、マッサージ屋から700円で一流技術者がカットしてくれる床屋、何故かDVDが並んでいるくつ屋などバラエティが豊かです。

とはいえ建築から60年以上が経過した商店街は、清潔とは言いがたいのです。壁にはボロボロの部分が目立ち、天井には雨漏り対策にビニール傘が逆さにぶら下がっています。配線がむきだしになっている部分もあり、ピカピカの駅ビルに馴れている方は驚いてしまうでしょう。

お世辞でもきれいと言えない浅草地下商店街ですが、老朽化や衛生面などの問題はあるものの、どこか人を引きつける独特の個性と魅力があるのです。

関連記事

10のぼり旗製作のこだわり

ご連絡先
  • あなたにとっておきのデザインで
    素敵な完全オリジナルのぼり旗をあなたに
  • 京都のれん株式会社
  • 〒604-8235
    京都府京都市中京区錦堀川町659
    京都松田ビル4F南
  • 営業時間 平日9:00−18:00
  • 電話 075-254-2354
  • FAX 075-254-2357
ダウンロードアイテム データ入稿用テンプレート Fax注文書 カタログお取り寄せ

アーカイブ