作成してもらった工事中のぼりの設置方法について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
高級感

建物や道路などの工事を行う際には、周辺住民や近隣の地域に
住んでいる人たちに周知する必要があります。

工事の通知ができていないと、不都合が生じるためです。

また、周りの道路を通る通行人や自動車の運転手も、近くに来た場合に
工事していることが分かるようにしておかなければなりません。

それには工事中のぼりを設置するのが、もっとも効果的で簡単にできる方法でしょう。

工事中のぼりを設置するには、まずは作成しなければなりません。
のぼりは骨組と旗を組み合わせることで作成することができます。
そのため、まずは旗の部分の作成を依頼しましょう。

工事中という文字とお辞儀をしている作業員のイラストなどを載せると分かりやすいです。
また、工事の期間なども文字で入れておくこともできます。

工事中2(注文数:11~20)  自転車指導1(注文数:11~20)

旗が出来上がったら、のぼりの骨組みと組み合わせるだけです。
高さや長さなども調整できるようになっています。

旗の上の部分と横の部分を骨組みに通して作成できます。
そして、工事中のぼりの設置方法としては、骨組みの棒状になっている部分を
固定するやり方が一般的です。

専用の設置器具などもあります。店舗などの前に置かれているような、
重りと一体型になっている設置器具を使うと風が吹いてきても大丈夫です。

複数の工事中のぼりを設置する場合には、どの方向からなら見えやすいのか
考慮した上で設置しましょう。

関連記事

ご連絡先
  • あなたにとっておきのデザインで
    素敵な完全オリジナルのぼり旗をあなたに
  • 京都のれん株式会社
  • 〒604-8235
    京都府京都市中京区錦堀川町659
    京都松田ビル7F
  • 営業時間 平日9:00−18:00
  • 電話 075-254-2354
  • FAX 075-254-2357
ダウンロードアイテム データ入稿用テンプレート Fax注文書 カタログお取り寄せ

アーカイブ