交通安全ののぼり旗

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
交通安全のぼり旗

交通安全日本全国には、交通事故の多い地域が多数存在するといわれていますが
なるべく事故の発生を抑制するためにも、しっかりと対策を立てることが
望まれています。

そこで、こうした地域に安全運転をうながすのぼり旗を設置することには
非常に多くのメリットがあるといわれており、警察や行政などの協力を
得ながら理想的なアイテムを選ぶことが重要です。

ここ数年では、のぼり旗を使った交通事故防止の啓発活動が全国的に
行われることがあるため色々な地域の情報をチェックしておくことも
有効です。

対策のぼり旗の使い勝手の良さに関しては、それぞれの材質や形状などに
よっても異なっておりニーズに見合ったものを買い求めることが
コツとして挙げられます。

のぼり旗を利用することによって、様々な人々に対して安全運転の
大切さについてアピールをすることができ、さらには地域社会の
活性化にもつなげることもできます。

そのため、今後ものぼり旗の使い道に興味を示す人の増加が
見込まれています。

交通事後の増減|交通安全の取り組みとその結果

日本の交通事故の発生件数は、警察庁と公益財団法人交通事故分析センター(ITARDA)が統計を始めた1948年以後から知ることができ、1970年の71万80件という件数が一度目のピークを迎えることになっています。

その後一旦はオイルショックなどの影響があって若干減っていきましたが、2004年には95万2720件という最も多い記録が残されているものです。

内閣府は第10次交通安全基本計画として、2020年までに死傷者数を50万人以下に減らしていく目標を2016年3月に発表しています。

交通事故死傷者数の減り方の推移をみていきますと、2015年~2016年にかけて4万7383人減って2016年~2017年には3万9317人と減っていますので、2020年までに目標が達成できる見込みです。

現在では、自動車の安全性能が高まっていますし、歩行者に対する保護のための研究開発がなされているものですから、交通事故の発生件数をさらに減少させることができるでしょう。

日本は今後ますます高齢者人口が増え続けていきますので、交通事故での死者数全体の半数以上を占めている高齢者の方々への対策が求められるものと考えられています。

関連記事

10のぼり旗製作のこだわり

ご連絡先
  • あなたにとっておきのデザインで
    素敵な完全オリジナルのぼり旗をあなたに
  • 京都のれん株式会社
  • 〒604-8235
    京都府京都市中京区錦堀川町659
    京都松田ビル7F
  • 営業時間 平日9:00−18:00
  • 電話 075-254-2354
  • FAX 075-254-2357
ダウンロードアイテム データ入稿用テンプレート Fax注文書 カタログお取り寄せ

アーカイブ