三巻縫製

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
メリット

のぼり旗の強度を上げる「三巻縫製」とは

のぼり生地の端を2回折り返しミシンで縫製をかけて仕上げる方法です。
ほつれを遅らせたり、強度を強める役割があります。

ほつれによるのぼりのダメージを防ぐために行われる加工方法で、生地の端を2回折り返した後にミシンで縫って仕上げると風に対する強度が増して長持ちするようになります。一般的にはヒートカットで仕上げられ値段も安く短期間で納入になりますが、ほつれてくると見た目が悪くなるので三巻縫製で仕上げるようにオーダーのぼり旗を依頼すれば、風が強い季節でも安心して設置することが可能です。

生地の周りすべて加工することもできますし、風の影響を受けやすい下側だけ依頼することもできます。

弊社では、基本的にはヒートカットでご提案しておりますが
ご希望のお客様にはこちらの方法もご用意しております。

三巻仕様の場合は生地端から内側1cmのところにミシン目が入ります。

三巻縫製はミシン目も考慮に入れた上で!

生地を折り返して三巻縫製を行うと端の部分から1cm程度の所にミシン目が入ることになり、オーダーのぼり旗のデザインによっては目立ってしまう可能性があるので配色を工夫して文字やイラストをいれる位置を考慮しなければなりません。

色あせることを考えて濃い色で着色された部分にミシンによる線が入ることになり、遠くからは分かりませんが近くで見ると目立つ可能性があります。ミシン目が入ることをはじめから想定し、オーダーのぼり旗のデザインを行えば失敗しないで済みます。

縫製の種類とその内容

下三巻 上下三巻縫製 L字三巻縫製 三方三巻縫製 四方三巻縫製
縫わないヒートカット

関連記事

10のぼり旗製作のこだわり

ご連絡先
  • あなたにとっておきのデザインで
    素敵な完全オリジナルのぼり旗をあなたに
  • 京都のれん株式会社
  • 〒604-8235
    京都府京都市中京区錦堀川町659
    京都松田ビル7F
  • 営業時間 平日9:00−18:00
  • 電話 075-254-2354
  • FAX 075-254-2357
ダウンロードアイテム データ入稿用テンプレート Fax注文書 カタログお取り寄せ

アーカイブ