ロードサイドの店舗に効果的

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ロードサイド

オリジナルのぼり旗というのは、色々な場所で活用できる
アイテムですが、活用する場所によって、大きな効果が
期待できるものです。

例えば、ロードサイドの店舗を構えている時には
店先にオリジナルののぼり旗を設置することで、
集客効果を高めることができる場合があります。

ロードサイドの店舗の場合、たくさんの車や人が
行き来していることがありますから、お店自体は目立つものです。

040517

 

問題は、どれだけの人にお店の中まで
入ってきてもらえるかです。

そのためには、魅力的なお店だということが
伝わらなければなりません。

 

その点、オリジナルのぼり旗のであれば、わかりやすく目立つ形
お店の魅力を伝えることができますから、効果的なアピールを
することができると言えます。

他にも宣伝アイテムはいくつかあるものですが、のぼり旗の場合には
低コストで導入可能ですし、移動もしやすく片付けもしやすいなど
使い勝手の良さがいくつもありますから、非常に便利なアイテムだと言えます。

なお、のぼり旗には既製のデザインというものがありますが、
オリジナルのデザインで注文をして作成してもらうことで、
忠実にお店の魅力を伝えられるようになります。

のぼり旗を目にした人が、そのまま内容をよく見るデザイン、
見た後で思い出すようなデザインで作成できるようであれば、
良い効果が期待できると言えるでしょう。

のぼり旗のサイズの他、内容の色・フォントなどさまざまな面に
注意して作成すると、さらに効果がアップするものです。

 

モデルハウス(注文数:1)   オープンハウス2(注文数:1)

店舗の立地を決めるときに重要な”商圏”とは?経営に大きく影響

店舗の経営を行う場合には、特に集中的に商圏を定めることが重要です。全国規模の大企業では国民全体を対象としてコマーシャルをテレビで流すという方法があるように、地域密着型の店であればその近隣の人々への認知度を向上させ、集客力に繋がっていくという流れを構築していくプロセスを安定化する手法が常套手段とも言えます。

 

店舗周辺住民への認知度の向上は、比較的限定的な商圏内での競争力を高め、安定した集客と売上を確保することに結びつくと考えて良いでしょう。

周辺の住民がどのような道路を通っていくのかというリサーチは、宣伝効率のアップにとても必要なものです。住民の動線を地図情報などでチェックし、それに合わせた場所へのぼり旗を掲示していくというマーケティングを実施することで、さらに確実な売上増加が見込めます。

また、住民の移動手段が徒歩中心であるのか、公共交通機関利用が主体であるのかも考慮すると良いでしょう。自家用車での移動が主体の郊外であれば積極的に道路沿いにのぼり旗をドミナント式に設置していく方法が適していますし、比較的密集度の高い商店街であれば、建物周辺に設置して店内に導くような動線を自然にアシストする設置方法がおすすめです。

関連記事

ご連絡先
  • あなたにとっておきのデザインで
    素敵な完全オリジナルのぼり旗をあなたに
  • 京都のれん株式会社
  • 〒604-8235
    京都府京都市中京区錦堀川町659
    京都松田ビル7F
  • 営業時間 平日9:00−18:00
  • 電話 075-254-2354
  • FAX 075-254-2357
ダウンロードアイテム データ入稿用テンプレート Fax注文書 カタログお取り寄せ

アーカイブ