レイヤー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「レイヤーロックの解除」とは

文字やイラストなど複数のパーツが含まれるオリジナルのぼり旗をデザインする際にはパソコンのイラスト系ソフトを利用します。
凝ったデザインほどパーツが増えてくるため、画面上での操作は困難になります。

しかし、それぞれのパーツを複数のレイヤーに分けて保存すれば心配ありません。
関係ない部分があるレイヤーをロックしておけば、目的の文字やイラストのみを簡単に編集することができます。
うまく利用すれば、操作ミスで予定外の編集や削除をしてしまうリスクを減らすことができるでしょう。

例えば、文字を移動したり書体を変更する際にはマウスで目的部分だけを選択します。
ところが、複数の文字やイラストが混在していると目的の箇所だけをマウスで選ぶのが困難になってしまいます。
編集する文字以外をロックしておけば、マウスで選択することも不可能になるのでその心配がなくなります。

とても便利なロック機能ですが、注意点もあります。
オリジナルのぼり旗印刷を依頼する業者に依頼する際は、ロックを解除しておく必要があります。ロックがかかったままだと、製作会社側で印刷の際に必要な編集等が一切できなくなってしまうからです。

その先に「アウトライン化」が待っている

オリジナルのぼり旗のデータを印刷する業者に渡す際には、ロックの解除以外にも注意すべきことがあります。のぼり旗データのアウトライン化です。イラスト系ソフトでは文字を入力した後でも、色や書体を自由に編集することができます。

書く言葉を変更したり書体を変更する可能性があるデザイン中は便利な機能です。
しかし、パソコンによって利用できる書体は異なります。特殊な書体を利用している場合は、他のパソコンでデータを見ようとするとデザインを台無しにする文字化けが起こってしまう可能性もあります。

また、自動的に他の書体に変更されてしまうことも少なくありません。
アウトライン化すると、文字はイラストとして保存されます。
文章の編集等はできなくなりますが、どのパソコンでもデータを確認できる様になるので安心です。

当社のようなのぼり旗の製作会社に入稿する際には、アウトライン化を忘れないようにしましょう。
特にオンラインでデータを渡すときは、お互いの確認が難しくなり文字化けに製作会社が気がつかない可能性もあります。

関連記事