リンク設定

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

デザインデータ作成の際のリンク設定と埋め込みの違いとは

オリジナルののぼり旗のデータを作る際に、リンク設定にすることの利点はファイルの容量が軽いことです。ファイルが軽いことにより、作業をする際にパソコンの負担が減るので効率的に作業できます。
また元画像の反映をすることができるので、修正がある場合には編集して保存すれば簡単に反映するので作りこんでいく際には便利です。
しかしオブジェクトごとの編集ができないので、その点に注意する必要があります。

一方でオリジナルのぼりを作成する際に埋め込みで行う場合、ファイルの容量が大きくなります。
そのため作業環境によっては負担が増してしまうので、効率的に行うことが難しいこともあるので気をつけましょう。

リンク設定との大きな違いは、元のアートワークを変更しても反映されない点です。これにより気軽に編集できるのも、埋め込みの利点といえます。このように設定によって大きく特徴が異なるので、自分の目的に合わせて使い分けるようにしましょう。

link

データのやりとりの際は埋め込みが安心

オリジナルのぼりを作る場合には、データを相手に送ることがあります。
その際に気を付けなければいけないことが、リンク切れになります。リンクが切れていれば編集を行うこともできないので、その点に注意が必要です。埋め込みであれば画像のデータを埋め込んでいるので、リンク切れを起こす心配がありません。

オリジナルのぼりを作る際には、埋め込みで送信することで安心して依頼することができます。
またリンクしていないので、編集をして変化した部分があっても元のデータはそのままです。

そのため編集に失敗して間違えて保存しても、またオリジナルデータを使うことができます。のぼりを作る際には目的なども明確になっているので、それがわからなくなってはいけません。埋め込みであればそのようなことも心配することがないので、安心して作業を行うことができます。オリジナルのぼりの作成の際には、そのような点もしっかりと把握しておくことが大切です。

関連記事