ランチののぼり旗

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
工夫

都心ではビジネスパーソンの人口とランチをいただけるお店の数の関係がアンバランスで
ビル街ほどその傾向があるため、自動車でのお弁当販売やビルの入り口での
ランチパックの販売、そしてお店を持ちながら、お店に入れない、あるいは入らない
ビジネスパーソン向けのお弁当を販売しているところが実に増えています。

傾向としてはワンコイン、つまり500円玉1個で美味しいものをいただけるということが
主流になっています。
そうした状況ですので、ランチに関するのぼり旗は何とも効果的な印象です。

お弁当屋も昼食を提供するお店も同じですが、何もないと、何となく胡散臭く
美味しさも訝ってしまいがちですが、のぼり旗一本で、清潔で安心して買える印象に変わり
何の躊躇もなく購入し、翌日からリピーターになる効果があるので不思議なものです。

余程大きなお店でないかぎり、のぼり旗は不可欠です。
但し、それだからこそ、のぼり旗の掲げ方には注意が必要です。

まず、薄汚れた旗は不合格です。
食べ物そのものが、まずい印象になるからです。
回りがほどけたリ傷んでいるのもダメです。
古いとか、衛生管理に支障があるイメージに結びついてしまうからです。

関連記事