モーニングのぼり作成にかかる値段は?

モーニングのぼり

モーニングのぼりモーニングのぼりとは、喫茶店などで朝食時に行っている
モーニングサービスを告知しているのぼり旗となります。

町の喫茶店などでは朝などは営業しているかどうかが判明して
いないケースも多いため、モーニングのぼりを掲げておけば
営業している判断され、お客さんが安心して入店してきます。

お店の営業ではお客さん入店してこないと始まらないため、
そのモーニングのぼりを掲げているかいないかでは
集客効果にも影響があるのは確かです。

特にモーニングで利用してもらうことで、お店の勝手を知ることができ、
ディナーやランチなどのシーンでも利用してもらえる商売戦略を
練ることも可能となります。

モーニングのぼりの作成を行う上での値段については、場合によって
それぞれですが、ネット通販で既製品を利用するのであれば、
11枚以上だと1枚につき千円以下で購入することが可能な場合が
多くなり、比較的に予算がかからない傾向があります。

モーニング2/150cm×45cm(注文数:4~10)  モーニング1/150cm×45cm(注文数:4~10)  日替わりランチ1(注文数:11~20)2019
モーニングのぼりの作成のポイントとしては、モーニングの文字が
必須であることです。

その理由としては、モーニングと聞けば、ホテルやレストラン、喫茶店で
お馴染みの用語となり、多く人に認識されているからです。

つまり朝食に利用することが出来ますよ、という意味合いを
読み取ることが可能となります。

他に作成のポイントとしては、温かいを連想させる暖色系の色合いを
使うことがポイントで、暖色系の色を使うことで出来立てを
イメージさせることにも繋がります。

作成に拘った場合でも通販サイトなどを利用すれば、それほど値段も
かからないことも多く、比較的に割安で作成することも可能です。

喫茶店のモーニングは「朝食」以外の役割もある!?新しいモーニングの形

今では、喫茶店でモーニングといったら「朝食」をイメージすることができて多くの人に知られてきていますけど、ここではある町の取り組みをみていくことにしましょう。

その町というのは愛知県一宮市になり、2007年に「一宮モーニング博覧会」と題し有志の店が集まってモーニングを提供することや、店を食べ歩いてもらうためにスタンプラリーも行っています。

およそ100のお店が掲載されたマップは毎年5万部程度発行していて、来店したお客さんがお土産に持ち帰ると言います。しかしながら、喫茶店の経営環境は厳しいのが現状となっており、そこで新しいモーニングの形を考えだしている方の取り組みを紹介していきましょう。

一つがメニューの改善で、付加価値をつけて提供するものです。たとえば、パン屋さんにビーフシチューを入れるための器を焼いてもらってお客さんに提供したところ好評となり、店内だけではなく移動車で出前を始めたら依頼が増えたと言います。

高齢者や身体が不自由な方に向けて、モーニングの出前と買い物サービスを組み合わせることを検討していたりし、喫茶店のモーニングは人と情報の交差点という役割もあると確信し将来の地域を救う手段として期待されるものです。

関連記事

10のぼり旗製作のこだわり

ご連絡先
  • あなたにとっておきのデザインで
    素敵な完全オリジナルのぼり旗をあなたに
  • 京都のれん株式会社
  • 〒604-8235
    京都府京都市中京区錦堀川町659
    京都松田ビル4F南
  • 営業時間 平日9:00−18:00
  • 電話 075-254-2354
  • FAX 075-254-2357
ダウンロードアイテム データ入稿用テンプレート Fax注文書 カタログお取り寄せ

アーカイブ