マラソン大会で使うのぼり旗について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
耐水

img_1919

マラソン大会で使うのぼり旗には、複合的な効果があるため
状況に応じて使い分けることができます。

大学や企業などのチームで行われる大会の場合には
のぼり旗を使うことによって士気を高めることができるのが利点です。

実際に持つのはマネージャーなどの裏方の人であったり
家族や後輩たちであったりします。
こうした活動を行うと、選手と応援する側の人間の気持ちが
通じ合うことになりますから、成績へ与える効果も
大きくなる場合があります。
もう一つの目的では、広告としてのぼり旗を使用して
マラソン大会の日程などを知らせることも重要になってきます。

自治体などが主催する場合には、役場などの入口付近に置いて
開催日の前から大々的に掲げる場合も珍しくありません。

この方法を使う場合には、特別に多くの人材を動員する必要がなく
手入れの手間を省けることが利点になります。

企業が協賛する場合においても、広告の意味合いもあるのぼり旗を
マラソン大会で使うことも利点になります。

開催中(注文数:11~20)    IMG_3373
マラソン大会のコースにおいて、のぼり旗が多く掲げられるようになる場合には
宣伝や応援とは違った意味合いも生まれてきます。

のぼり旗を持つ人が多くなると、風によって布が大きく動くことで
風速も把握できるようになることが重要です。

地形的な影響で風が強くなりやすい場所であれば、のぼり旗があることで
目印を作ることができるのです。

風によってのぼり旗の存在感も強くなるため、実際には
視覚的な効果も高くなります。

関連記事