ブルーチチ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

白チチをブルー色チチにしました。
100枚以上からの基本シルクスクリーン印刷のぼり旗に対応いたします。
※別見積もりとなるので、詳しくはお問合せください。

ブルーチチをうまくつかってのぼり旗を作成する
ブルーチチとはのぼり旗の印刷において、ボールを通す部分が青色に印刷されているものです。この部分は一見全体の中での一部となるためあまり意識がされないものですが、着色される色によってのぼり旗全体の印象に大きな影響を与えるものであるため、最近では様々な色に印刷されることが非常に増えているものとなっています。

ブルーチチを採用することでのぼり旗を大きく見せることができる効果もあるほか、全体に広がりを見せるものとなるためその表現方法が変わってきます。
従来はできるだけ文字を大きく印刷するためにあまり意識のされなかった部分でありますが、この部分の印刷を効果的に行うことでその効果を高めることができることがわかって以来、のぼり旗の表現方法が変化したと言われる部分となっています。

さらにのぼり旗としてのインパクトを与えることもでき、非常に効果的な表現が行える点も重要なメリットとなるので広く利用されていると言う特徴もあります。

最近ではシルク印刷が一般的となり、のぼり旗の前面に印刷することが非常に簡単になっていることから、繊細な表現を行う上でも非常に便利なものとなっているのです。
ブルーチチのぼり旗印刷事例

青色は解放感を与え、時間経過を遅く感じさせる

ブルーチチのメリットは、青色の特徴にあります。青色は開放感を与え時間の経過を遅く感じさせると言う面があることからのぼり旗に使用するとじっくりとその表示を見てもらえると言う効果が期待できる色なのです。

最近では美しく繊細に印刷をすることができるシルク印刷が主流となっており、より多くの情報を上り端端に入れることができるようになっていますが、これらの情報もじっくりと時間をかけて見てもらうことが非常に重要となるため、効果的に見せる方法を考慮するとブルーチチは最適な方法と考えられる面が強くなっています。

のぼり旗のチチの部分を青くすることでしっかりと視認性を高め、またしっかりと表示を見てもらえると言う効果を生み出すことができるほかのぼり旗のインパクトを強くする効果も生み出すものとなります。自然界に青色のものがあまり多くないと言う点についてもインパクトを与える要因となっており、のぼり旗においてブルーチチは非常に効果的なものとして注目されているのです。

関連記事