ビールの写真入りのぼりの効果

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
beer

冷えてます大阪でも夏の暑さと強い日差しは、冷たい飲み物が欲しくなりますが、
ビールは格別で、一日の疲れを癒してくれます。

大阪でもビールを楽しみに一日がんばっている人も多く、
冷たいビールを手にすると思わず笑顔になってしまいます。

暑い中、爽快感のあるビールの写真入りののぼりを見ると、
思わず飲みたくなるという人が大阪でも多く、まっすぐ帰るつもり
だったのについつい大阪のお店に寄ってしまったり、
買って帰ったりしてしまう人も多いものです。

たくさんのぼりは、歩いている人や車の人の目を引き、分かりやすいものなので、一目で分かる写真入りののぼりは大変効果的です。

加えて、のぼりは雰囲気や気持ちを盛り上げる効果がありますので、飲みたい気持ちを高める効果も期待できるのです。

大阪において、仲間や友だちと一緒に歩いている途中に、
思わず写真に目を奪われ、急遽夕食がてら一杯飲んで帰るという
こともあるので、目立つ写真入りののぼりをたくさん立てて大阪で
お店の存在をアピールすることをおすすめします。

 

日本で最初にビアガーデンを開いたのはアメリカ人?ビアガーデンのはじまり

今では夏の風物詩とも称されて毎年老若男女を問わず多くの方が暑気払いでビアガーデンを利用していますが、その歴史や由来を知っている方は意外に少ないのではないでしょうか。

日本最初のビアガーデンを開いたのは、実はアメリカ人のウィリアム・コープランドとされています。彼は1869年に横浜・山手でスプリング・バレー・ブルワリー(現在の麒麟麦酒)を創業し、1875年にビールの醸造工場に隣接していた自分の住まいを改装してスプリング・バレー・ビヤ・ガーデンと名付け、主には外国人の居留者や外国船で働く船員向けのビアガーデンとして開放したのです。

その後1953年になってやっと現在のような形の日本最初の屋上ビアガーデンが大阪の梅田にあるニユートーキヨー大阪第一生命ビル店でオープンしましたが、これはそもそも貸し切り依頼があったおり店内に入り切らない参加者を屋上も使ってさばいた店側の苦肉の策であったものが発祥になったとされています。

ただしその前年の1952年には東京の銀座や日本橋高島屋や東京會舘の屋上でも、ビールを楽しめる店がオープンしたとの新聞記事などが散見されますが、屋上ビアガーデンの発祥は大阪との定説には異論は出ていません。

関連記事

10のぼり旗製作のこだわり

ご連絡先
  • あなたにとっておきのデザインで
    素敵な完全オリジナルのぼり旗をあなたに
  • 京都のれん株式会社
  • 〒604-8235
    京都府京都市中京区錦堀川町659
    京都松田ビル7F
  • 営業時間 平日9:00−18:00
  • 電話 075-254-2354
  • FAX 075-254-2357
ダウンロードアイテム データ入稿用テンプレート Fax注文書 カタログお取り寄せ

アーカイブ