バナーとは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バナーとは英語で「のぼり」や「横断幕」、「旗」という意味を指し、主にお店屋さんの入り口などに立っているのぼり旗をイメージする方が多いです。
最近ではホームページで注目して欲しい文字や写真や絵でつくられた画像としてもバナーという言葉が利用されているなど、何かを注目して欲しい物を指す言葉となっています。

せっかくおしゃれでこだわりのあるお店を出店しても、お客さんにここにお店があるとアピールすることができないと、そのままお客さんは気づかずに通り過ぎてしまいます。しかしお店のオリジナルのバナーであるのぼり旗を上手く店頭に建てることによって、このお店の特徴や、目玉商品などを簡単にのぼり旗でアピールすることが出来るので、ぱっと目につくことにより短時間でお店の特徴を把握してもらうことが出来るチャンスが増えるメリットがあります。
そのためお店を出店する場合は、広告の一つとしてオリジナルののぼり旗を作成する方が増えてきています。

注目度が抜群のバナー

店頭に掲げられている特徴的なのぼり旗は、通りを歩いている人にこのお店で扱っている商品は何なのか、何を行うお店なのかを瞬間的に捉えさせる特徴があります。のぼりを制作販売している専門業者は数多くありますが、手っ取り早くお店の入り口にのぼり旗を設置したいという場合は、既製品ののぼり旗を購入して置く方法もあります。

飲食店用ののぼり旗は様々な種類があり、用途に合わせて適切なのぼりを選ぶことによってお店の雰囲気にあったのぼりを設置することができます。しかしお店のオリジナルの商品を全面に出していきたいというなら、オリジナル商品を注目させることが出来るオリジナルバナーを制作してもらうことが重要になります。

オリジナルバナーを制作してくれる専門業者に連絡を入れて、直接店頭でどのような仕上がりにしたいのかデザイン案を考える方法と、オンラインサイトを通じてとオリジナルバナーの制作を依頼する方法が選択することができます。

バナーのお役立ち情報

オリジナルバナーを店頭に設置することで、お店で販売している商品をピンポイントで注目させることが出来ますし、特に目玉にしている商品なら商品面を押し出したオリジナルバナーにすることで集客率や、販売率をアップさせる効果を期待することができます。

近くにのぼりを作成してくれる専門業者がある場合は直接行くことができますが、大体は自分の近くに制作業者がいない場合が大半なので、オンラインサイトを通じてメールで依頼をする必要が出てきます。しかし制作業者によってデザインの種類や、のぼり作成にかかる費用が異なってきますので、できるだけ自分のオリジナルデザインを元に作って欲しいなら、口コミ評価の高い制作業者を利用することが重要になります。

さらにコストを最小限に抑えたいと思っている場合は、複数の制作業者にデザイン案の連絡をとっておき、事前に見積もりを出してもらうことでどこに頼むのか比較してみるのも一つの方法になります。

関連記事

10のぼり旗製作のこだわり

ご連絡先
  • あなたにとっておきのデザインで
    素敵な完全オリジナルのぼり旗をあなたに
  • 京都のれん株式会社
  • 〒604-8235
    京都府京都市中京区錦堀川町659
    京都松田ビル7F
  • 営業時間 平日9:00−18:00
  • 電話 075-254-2354
  • FAX 075-254-2357
ダウンロードアイテム データ入稿用テンプレート Fax注文書 カタログお取り寄せ

アーカイブ