トリミングサービスを宣伝

トリミング

ペットサロン東京において顧客を獲得したいと考えているペットショップが、
行った方が良い宣伝活動として幟の活用が挙げられます。

やはり東京での集客の為には宣伝が大切になりますので、
その為にもアピールが必要になりますがアピール材料としては、
例えばトリミングサービスです。

特に東京で犬を飼っている方の中には、トリミングをしてもらいたいと
考えている方も少なくありません。トリミングができますと
宣伝する事で集客に繋がる事があります。

また、東京においてトリミングサービスのキャンペーンなどを
宣伝する際にも幟は最適ですので、集客率のアップの為にも
活用してみると良いでしょう。

キャンペーン因みになぜ幟が良いのかと言いますと、幟が良い理由は
見てもらい易いからです。

人の視線を集め易い媒体ですし、見てもらってこそ意味がありますので
そういった意味では、東京で幟は役立つと言えます。

また、幟は東京でも安いのが魅力です。
安価に利用できる媒体ですのでなるべくコストを抑えたい時にも
最適と言えます。

 

効率性からはじまった!トリマーのお仕事の歴史

犬は昔から人間と深く関わりがある動物です。
最初のほうの原始的な段階では、犬をきれいにするためのトリミングは行われていませんでした。

犬の種類の一つであるプードルの原型は、猟師たちが水辺で行う作業を効率的に行うためのスタイルです。沼地や湿地といった場所でも動きやすいように、身体の下の部分の毛を処理して、怪我や寒さから身を守るために前肢や胸の毛を残しました。

現代のようなトリマーが始まったのは、イギリスがきっかけだと言われています。16世紀のエリザベス朝時代においてペットのグルーミング活動がされていたという記録が残っています。サーカスの一団や猟師たち、牧畜主などの間で行われていました。

この時代には、宮廷にいる身分が高い女性たちの間でライオンカットと呼ばれる方法で整えられたプードルを飼育することが人気となりました。それと時を同じにして、トリミングに対する欲求が高まってきたのです。

その後に一般の人たちの間でも広く行き渡るようになります。愛玩犬として犬が広まっていったことで、トリマーという仕事が欧州で確立されていったのです。日本には戦争が終了して国に余裕ができて海外の文化が伝わった頃に普及していったと考えられています。

関連記事

10のぼり旗製作のこだわり

ご連絡先
  • あなたにとっておきのデザインで
    素敵な完全オリジナルのぼり旗をあなたに
  • 京都のれん株式会社
  • 〒604-8235
    京都府京都市中京区錦堀川町659
    京都松田ビル7F
  • 営業時間 平日9:00−18:00
  • 電話 075-254-2354
  • FAX 075-254-2357
ダウンロードアイテム データ入稿用テンプレート Fax注文書 カタログお取り寄せ

アーカイブ