チチ(チギリ)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
チチ

旗のパーツ「チチ」とは

※チチのことをチギリとも言います。
オリジナルののぼり旗を作成する時には、旗をポールに取り付けられるようにするためにチチが必要となります。
「チチ」とは、のぼりを竿に取り付けるために縫い付けるループ状の布です。

これはリング状の生地で、ここにポールを通すことでのぼり旗をしっかりと設置できるようになります。
ちなみに、これはのぼり旗の左側に付いているのが一般的な形ですが、右側に付けたい時には相談すると対応できます。のぼり旗のデザインだけでなく全体のデザインに凝りたい時にはお願いすると良いです。

チチ

チチはのぼりの左右どちらかの辺と上辺に取り付けられます。
基本は左チチ(上3つ、左5つ)ですが、弊社ではサイズや設置場所に合わせて
お客様にチチの数や場所をご指定いただけます。

のぼり旗左チチ、右チチ

のぼりのどちら側にポールを取り付けた方が目に留まりやすく
通行の邪魔にならないかなどを考慮し、チチの場所を決めると良いです。

チチの場所指定は使うときの状況を想定して行う

オリジナルののぼり旗を作成する時には、チチの数を指定することもできますので覚えておくと良いです。

定番の形は上部に3つと横に5つですが、使用する状況に合わせて耐久性を重視した作りにしておくのも手です。

耐久性に乏しいのぼり旗では、せっかくオリジナルのデザインで作成しても良い宣伝ができませんから注意しておきましょう。

のぼり旗は屋内で使用する場合には良い状態を維持しやすいですが、屋外の風が強い場所だとそうはいきませんので耐久性を高めておくことが大切です。

 

100枚以上のシルクスクリーン案件についてはカラーチチ始めました。

左チチは慣例なの?

よくあるお客様からの質問で「左チチ右チチどちらにしますか?」とお聞きすると「どちらが一般的ですか?」とあるのですが、

当社では左チチとお答えしております。慣例と思われがちですが、理由があります。それは日本の自動車は左側通行(道路交通法〈昭和三五年 六月二五日施行〉第17条第4項)だからです。

のぼり旗は本来目立たないといけないです。車が走っている際によく見えるように左チチ仕様のほうが車から見た時にわかりやすいそういった意味ではまだ左チチが通例になったのはたった60年程度です。

のぼり旗のチチの由来は

その言葉の通り乳(チチ)からきています。

人のというよりイヌの乳に似ているところからそう呼ばれるのが由来となります。

こういう風にいうと形が似てたともとられがちですが、犬の乳首のように行儀良く並んでいることからそう呼ばれました。

関連記事

10のぼり旗製作のこだわり

ご連絡先
  • あなたにとっておきのデザインで
    素敵な完全オリジナルのぼり旗をあなたに
  • 京都のれん株式会社
  • 〒604-8235
    京都府京都市中京区錦堀川町659
    京都松田ビル7F
  • 営業時間 平日9:00−18:00
  • 電話 075-254-2354
  • FAX 075-254-2357
ダウンロードアイテム データ入稿用テンプレート Fax注文書 カタログお取り寄せ

アーカイブ