チェーン店ののぼり

同じデザイン

全国チェーンのお店が積極的に事業活動をアピールするためには
いくつかの方法がありますが、最近では同じデザインののぼり旗を設置することが
一般的となっています。

同じデザイン

こうしたのぼり旗の選択方法については、今や全国チェーンのお店の店員にとって
非常に重要なテーマとして位置付けられており、顧客を集めるためにも
十分なアイテムを取り入れることが良いとされます。

のぼり旗の価格にこだわりたい場合には、取扱業者の価格に着目をすることが必要とされますが
リーズナブルな価格が設定されているアイテムを選択することが有効です。

また、のぼり旗のデザイン料などについては、それぞれのデザイナーの技術などによっても
異なってくるため、きちんと理解を深めることが求められています。

全国チェーンのお店のアピール方法に関しては、インターネット上でも大きな話題となっており
様々な立場の人々と情報交換をすることによって、理想的なアイテムを把握することができます。

11店から“チェーン店”!?チェーン店の一般的な定義とは

チェーン店の定義

「チェーン店」とは、ひとつの経営体グループより主導で設置された
複数店舗の集合体を指します。

大きな資本を元手にして、経営方針やサービス内容・お店の外観などを
統一させ、複数の店舗を運営・管理しますが、この「チェーン店」を
定義づけるには、店舗数・年商などで一定の基準をクリアする
必要があります。

ゼネラルマーチャンダイズストアやスーパーマーケットが
主体となっている業界団体「日本チェーンストア協会」の
通常会員入会資格によると、「チェーンストアを営む
小売業法人であって、11店舗以上または年商10億円以上」
が規定となっています。

経済学的にはひとつの資本が小売・飲食業を「11店舗以上」
設置していることが条件となっていますが、この店舗数はあくまでも
統計上の定義なので、実際に11店あれば必ずチェーン店として
成功出来るとは限りません。

お店の種類にもよりますが、一般大衆に知ってもらうためには
もっと多くの店舗数が必要になるでしょう。

チェーン店は本部企業が直接投資をするので、本部も店舗も
同じ資本の同じ会社です。

よって、社員やパートなどの従業員はすべて自社の従業員で、
売上や経費も全て自社で管理します。

また、本部と店舗ではそれぞれの役割をはっきりと分担していることも特徴です。

関連記事

10のぼり旗製作のこだわり

ご連絡先
  • あなたにとっておきのデザインで
    素敵な完全オリジナルのぼり旗をあなたに
  • 京都のれん株式会社
  • 〒604-8235
    京都府京都市中京区錦堀川町659
    京都松田ビル7F
  • 営業時間 平日9:00−18:00
  • 電話 075-254-2354
  • FAX 075-254-2357
ダウンロードアイテム データ入稿用テンプレート Fax注文書 カタログお取り寄せ

アーカイブ