クリーニング店の呼び込み

相性

クリーニング店ののぼりクリーニング店は、各地域の人々に密着した店舗のひとつとして
とらえられることがあり、中でも知識や経験が豊富なスタッフが
在籍している店舗については多くのリピーターが存在することが
知られています。

そうした中、各クリーニング店においては顧客を呼び込むために
のぼりの効果に期待をすることが一般的となっており、サービスの
内容について十分に理解をしてもらうためにも、無くてはならない
ものとされます。

最近では、競合するクリーニング店に勝つために色々な手段を
考えている店舗が多くあるといわれていますが、のぼりのサイズや
デザインなどを重視することによって、十分な宣伝効果を
得ることができます。

呼び込みのぼりまた、のぼりの設置費用は比較的安上がりであるため
経営にダメージを与えないこともメリットとして挙げられます。

クリーニング店のビジネスモデルについては、あらゆる方面からも
注目されており将来にわたってさらに活気があふれることが予想されます。

ドライクリーニングの歴史|始まりはランプ油がこぼれたこと?!

今ではドライクリーニングは私たちの生活の一部となっています。ドライクリーニングとは字のごとく、水や石鹸ではなく、油を用いて洗濯する手法です。そのような洗濯手法を考え出すとは驚きです。ではいったいだれがそれを考えたのでしょうか。

それは19世紀半ばのこと、フランスのパリでの偶然の出来事がきっかけでした。パリの仕立て屋が不注意で作業台に置いていたランプを倒してしまい、お客様から仕立て直しを依頼されていた服にランプの油がかかってしまったのでした。仕立て屋はあわてて服をつるして乾かしたところ、油がかかったところだけが逆にきれいになったことを発見しました。

油が服の油膜を溶かし、汚れを除くことができたのです。仕立て屋は驚きつつ、研究を重ね、油を使用した洗濯屋を経営し始めました。まさに「失敗は成功の元」のことわざのお手本のような出来事からドライクリーニングは誕生したのです。

その後、この洗濯屋は繁盛し、評判も海外に伝わるほどだったため、この手法は門外不出とされていました。ですが、繁盛の噂を聞いて、職人として洗濯屋で働いていたドイツ人が洗濯手法を習得し、母国に帰って広めたことからドライクリーニングが普及し始めました。

関連記事

10のぼり旗製作のこだわり

ご連絡先
  • あなたにとっておきのデザインで
    素敵な完全オリジナルのぼり旗をあなたに
  • 京都のれん株式会社
  • 〒604-8235
    京都府京都市中京区錦堀川町659
    京都松田ビル4F南
  • 営業時間 平日9:00−18:00
  • 電話 075-254-2354
  • FAX 075-254-2357
ダウンロードアイテム データ入稿用テンプレート Fax注文書 カタログお取り寄せ

アーカイブ