クリーニングのぼりの購入や作成はネットから

専門店のぼり

クリーニング1(注文数:11~20)  クリーニング2(注文数:11~20) クリーニング店

専門店のぼりクリーニング屋を営んでいて、クリーニングのぼりを手に入れて
お店の宣伝をしていきたいと思った場合には、ネットで購入すると便利です。

ネットの通販サイトでは、既製品のクリーニングのぼりを取り扱って
いますから、すぐに手に入れることができて良いものです。

既製品のクリーニングのぼりと聞くと、デザインのバリエーションが
乏しいと思う人もいるかもしれませんが、結構さまざまなデザインが
用意されているものですので、これで十分対応可能な場合もあるものです。

とはいえ、クリーニング店によっては、既製品のクリーニングのぼりでは
自分のお店の魅力を伝えきれないと感じることもあるでしょう。

そういった時には、クリーニングのぼりを作成して注文すると良いものです。

クリーニングのぼりの既製品を取り扱っている通販サイトでは
オリジナルの作成を承っているところもあります。

オリジナルのデザインで作成できるのであれば、お店独自の
個性的なサービスであっても、ピンポイントで宣伝していけます。

なお、既製品の中に気に入ったクリーニングのぼりがあるけれど、
そのデザインの文字が少し違っていれば良かったと思ったり
文字を少し追加できればもっと良かったと思うこともあるでしょう。

クリーニングのぼりを作成してくれる業者では、文字を差し替えたり
追加して作成してくれるところもありますので、ちょっと変化させるだけで済み、
スムーズに注文できて良いものです。

一個一個役割が違う!洗濯用洗剤も「適材適所」で選びましょう

今ではあるのが当たり前となっている洗濯用洗剤ですが、少し歴史を振り返ってみましょう。

1873年(明治6年)の出来事には、日本初となる洗濯屋向けの棒状洗濯石けんが発売されたとありまして、これは石けんの製造に欠かすことができないアルカリ剤を大量生産することに成功したために石けんが普及し始めていったといいます。

その後、1951年には衣料用弱アルカリ性洗剤が発売されて、2009年には洗濯時のすすぎを1回で済ませる超コンパクト液体洗剤が登場するというこれまでの歴史があるのです。

洗濯用に開発された洗剤は、正しい使い方を知って上手に活用していくことでしっかりと汚れを落とせて衣類も傷みにくいものですからみていきましょう。まずは、衣類についている取り扱い絵表示を確認して家庭で洗濯が可能か、クリーニングに出すべきなのかをチェックします。

それから、色が濃い衣類は色落ちすることが考えられますし、淡い色やきなりは変色する場合もあるため蛍光増白剤の有無も確認しましょう。

洗い終えて最後のすすぎ時に柔軟剤という静電気防止とふんわり仕上げる効果がある洗剤を入れるのをおすすめします。クリーニングに出す衣類も多くありますから、取り扱い絵表示を必ず確認しましょう。

関連記事

10のぼり旗製作のこだわり

ご連絡先
  • あなたにとっておきのデザインで
    素敵な完全オリジナルのぼり旗をあなたに
  • 京都のれん株式会社
  • 〒604-8235
    京都府京都市中京区錦堀川町659
    京都松田ビル4F南
  • 営業時間 平日9:00−18:00
  • 電話 075-254-2354
  • FAX 075-254-2357
ダウンロードアイテム データ入稿用テンプレート Fax注文書 カタログお取り寄せ

アーカイブ