カラーチャートとは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
カラーチャート

昨今の印刷デザインは、名刺やTシャツ、グラフィックやのぼり旗など、一昔前とは違い、インターネットの普及によって簡単に受発注することが出来るようになりました。しかし、色々な人がデザインしたものに対して、必ずしも私たちは色彩の理論や配色、技法について何らかのトレーニングを受けているわけではありません。

例としてのぼりが欲しい発注者がいるとします。漠然と自分好みの青いのぼりを作りたいと思っていても、どのように色味を表現していいのかわかりません。

それでも発注者は、自身が欲しい商品の色味を選ばなくてはなりません。そしてデザイン制作している受注者は発注者の色味をはっきりと理解する必要があります。そこではっきりとした答えを出してくれるのが、cmykカラーチャートです。

カラーチャートとは色味表をわかり易く一覧表にしたものであり、cmykカラーは主に印刷物の色彩設計を行う前の配色シミュレーションとして使用します。cmykのcはシアンcyan、mはマゼンタmagenta、yはイエローyellow、kはブラックblack を表しています。

上記例での受注者はこの色味コードを確認して、発注者がどんな青ののぼりが欲しいのかをはじめて理解することが出来るのです。

カラーチャート

双方が共通の基準で色を確認できる

例えば発注者が鮮やかな青いのぼり旗を発注したいとします。一概に青ののぼりと言っても青色には様々な青色が存在します。青の濃淡やマゼンタ勝ちの青なのか、イエロー勝ちの青なのか、受注者は理解する必要があります。

カラーチャート一覧表には各色にナンバーが事細かにふられており、自分が欲しい色味を作るにはシアン、マゼンタ、イエロー、ブラックをどれぐらいづつ混ぜて一色ができるというように、cmykによって表現されています。

上記例では発注者は鮮やかな青いのぼり旗が欲しいと思っています。
カラーチャートをチェックすると、原色の青色は#0000FFという色味を気に入ったとします。この色味はCMYKに振り分けるとシアンが100、マゼンタが100、イエローが0、ブラックが0という色の配分で作ることが出来ます。受注者は発注者が指定したシアン、マゼンタ、イエロー、ブラックの配合でのぼり旗を制作することができます。

このように、受発注者それぞれが、チャートの色味を基準にしてはっきりした色味を共通認識することができるので、発注ミスや受注ミスを間違いなく防ぐことができるのです。

カラーチャートは複数存在している?

カラーチャートにはそれぞれの種類があります。

印刷物には色の配合が良くわかるcmyk方式が役立ちますが、WEBサイトなどのディスプレイに発光体として表示されるものの色味にはRBG方式が使用されます。デザイン制作でよく使用されているadobeは、イラストレーターやフォトショップに使用できるカラーツールとして、カラーホイールを使ったチャート表を出しています。

adobe Color CCと呼ばれるチャート表で、カラーハーモニーを変更し、色味を目で見てクリックで調整し、自分が好きな色を作ることが出来るシステムです。又はadobe製品のイラストレーターでは、自身でcmykに配合番号を入力して、自分好みの色味を制作することも可能です。

同じチャートでも種類はたくさんあり、基本的なチャートを細かく分類すると、同じ彩度の色を縦方向には明度、横方向には色相が変化していく等彩度表、等彩度表の左列が無彩色になっているものが等色相表、同じ明度の色を縦方向には彩度、横方向には色相が変化する等明度表などがあります。

関連記事