オープンのぼりを安く作成してもらうコツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
表す

店舗が開店したことを、より多くの人にアピールしたいという場合には
オープンのぼりが非常に役立ちます。

店頭にオープンしたことの張り紙を出したとしても
店舗の目の前に行かなければ、道行く人の目にも止まらないものですが
オープンのぼりであれば、遠方からも見てもらうことができ
風になびいて揺れ動くことから、人目にも付きやすくなります。

飲食オープン(注文数:11~20)  飲食オープン(注文数:11~20)  飲食オープン(注文数:11~20)

オープンのぼりをより安く手に入れたいという場合には
素材の面からも考えてみるといいでしょう。

のぼりにはさまざまな素材が使用されており、ターポリンであれば
耐久性や耐光性があるので、太陽の下の外に長期にわたって置いていても
劣化することがありません。

しかし、テント生地にも使用されているようなしっかりとした生地でもあるので
予算的には高額になってしまいます。
オープンのぼりは、店舗がオープンした一時しか使用しないことになります。
つまり、耐久性や耐光性にこだわることなく、リーズナブルな価格の
ポンジーなどの素材で作成しても十分なのです。

他にも、発注する枚数によっても、一枚当たりの作成料金が
変わってくるものです。

素材の質を落として価格を浮かせた分で、より多くの枚数を
作成して飾れば、店舗前が華やかになってアピール力も高くなってきます。

また、色の数でも価格に影響を与えるものですが、少ない色数で
予算を抑えて作成しても、シンプルであることがかえって
オープンのアピール力につながることにもなります。

関連記事