オーバープリント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

気をつけたいオーバープリント設定とは

オリジナルのぼりを作る際に気を付けたいのがオーバープリント設定です。これは製版指定の一つで、簡単に言えば他の版に色を乗せるようにすることです。例えば、シアンのオブジェクトがあったとしましょう。その上に100%ブラックの文字がある場合、この文字に上記の指定をすると、下の版が抜かれずに処理されます。
また、実際にのぼりに印刷する段階では、若干ではあるものの版ズレが生じる可能性がありますが、そうした時にも予めこの処理を行っていた方がズレが目立ちません。そのため、主としてブラックに対してよく使用されます。

しかし、通常は画面上でチェックできないアプリケーションも多いので、こうした指定が施されていることに気づかず、結果的にトラブルになる可能性もあります。例えば、シアンの上にマゼンタで文字が重なっており、そのマゼンタに上記の指定がされていた場合は、下にある版が抜かれないため、結果的には色が変わってしまう訳です。

特に「白」は要注意

先ほど触れた通り、カラーが重なり合っているものを印刷する際には、重なる部分の設定を確認しないといけません。そうしなれば、意図したオリジナルのぼりとは印象の違うものができ上がってしまう可能性があるからです。

オリジナルのぼりにオーバープリントを指定する場合、前述したように版ズレを防止する効果を見込めますが、逆にリスクもあります。その中でも特に気を付けたいのが、白。一般的な印刷物では、白は紙の色です。つまり、印刷における「白」は白い色の塗料を塗布しているのではなく、何も塗布しない状態で表現されます。

そのため、白いオブジェクトに対してこの指定がされていると、モニター上で白く見えていても、下の色と同化して透明になってしまい、出力した結果オブジェクトそのものが消えてしまうことになる訳です。
このように、製版指定の中には様々なトラブルを引き起こす要因になりかねない設定がありますので、データを作成する際は特に注意しましょう。意図しないプリントの設定がないか、入稿する前にチェックすることが大切です。

関連記事