オリジナルの直売会のぼりを作成するコツ

直売会を行う際には出来るだけ大きな宣伝広告を行う方が集客力が高まります。

中でも直売会のぼりは遠くからでも非常に目立つので、通りがかりの人にも
気づかれやすく、より多くの集客をすることが出来ます。

のぼりを立てておくとお祭りのような活気も出るため、高い効果を生み出す
ことが出来るのです。

効率のよい直売会のぼりを作成するためには、いくつかのコツがあります。

第一にあまり大きすぎず、小さすぎない大きさとすることです。
大きすぎると設置する場所に困ってしまうので注意が必要です。

よく利用されるのは1.8m程度の高さのもので、人の目に留まりやすく
設置もしやすい標準サイズとされています。

さらに、表示する内容はシンプルに文字だけの方が良いものです。

直売所1(注文数:11~20)  直売所2(注文数:11~20)  直売所3(注文数:11~20)

最近は印刷技術が進み、写真などを鮮明に印刷できるようになっていますが
一目見て内容が分かるようにすることや、コストを安くして出来るだけ
多くの本数を作成する方が、直売会のぼりとしてはより適しています。

印刷業者
さらに、業者については直売会のぼりのサンプル原稿を
持っている業者を選ぶことが良いものです。

効果的なのぼりを迅速に作成でき、コストも安いという
メリットがあります。

オリジナルの直売会のぼりを作成する際においても
あまり手の込んだデザインにすると費用も時間もかかってしまうものです。

直売会のぼりはできるだけ多くの場所に設置した方が効果が高まるので
オリジナルであってもできるだけシンプルなデザインとし
安い費用で本数を作成することが、効果的な直売会のぼりを作るコツです。

農産物直売所はなぜ人気?気になる利用者の声

農産物の直売会がなぜ人気があるのかといえば、何より新鮮な野菜や農産物がスーパーよりも低価格で購入できるからに他なりません。

しかも人がたくさん集まっている直売会ほど、お客さんの購買意欲も高まりやすくなります。実際に利用したお客様からは「普段は節約のために、買い控えることが多いけどここではお得感があるので、たくさんの野菜を買ってしまう」、「500~2,000円程度を消費する」などの意見がきかれます。

その他には「スーパーのものより断然味が濃くておいしい」、「楽しい雰囲気で、作った人の顔を見ながら買えるので安心」、「その日に摂れた新鮮な農産物が手に入る」、「子どもにも安心して食べさせられる」などの意見も多くきかれています。

実際に、多くの農産物直売所では休日の朝ともなれば、開店前に行列ができていたり、すぐに商品が売り切れてしまうほど人気があるところがあります。それだけのことをしてでも、安くておいしい野菜や果物を食べたいと思っている人がたくさんいるということです。

天候不順や異常気象の影響で、以前のように野菜が取れなくなり値段も高騰しています。そんな時代だからこそ、よりニーズが高まっているのでしょう。

関連記事

10のぼり旗製作のこだわり

ご連絡先
  • あなたにとっておきのデザインで
    素敵な完全オリジナルのぼり旗をあなたに
  • 京都のれん株式会社
  • 〒604-8235
    京都府京都市中京区錦堀川町659
    京都松田ビル7F
  • 営業時間 平日9:00−18:00
  • 電話 075-254-2354
  • FAX 075-254-2357
ダウンロードアイテム データ入稿用テンプレート Fax注文書 カタログお取り寄せ

アーカイブ