アートボード

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「アートボード」とは

アートボードはアドビシステムズが販売しているイラストレーターやフォトショップで呼ばれるイメージを描き込むためのスペースのことであり、新規作成するさいに最初に入力する場所です。ここで大きさを決めることで印刷したさいにぴったりと合わせたものを作ることができます。

原稿を入稿してのぼり旗を作る場合には大きさを設定する必要がありますが、このさいにイラストレーターやフォトショップの新規作成の時に幅と高さをミリメートル単位で設定すれば、のぼり旗の正確な大きさのものを作ることができるものです。

またテンプレートが用意されていなくても(当社テンプレートはこちら)新規作成によって大きさを設定して作ることができるので、オーダーで作るオリジナルの大きさののぼりを作るといった場合にも活用することができます。

なお、大きさは途中で変更することができ、このさいに大きさだけ変えることやスペースを広げるといったことも可能で途中でのぼり旗の大きさを変更したいさいにも使うことができます。

アートボードを活用してデザインの幅を広げよう

オリジナルのぼりは、遠くから見ても目立つデザインにすることが大切です。目立つデザインにするためには、文字の大きさや配置のしかたに気を配る必要があります。文字の大きさと配置を確認する際に便利なのが、ガイド機能です。メモリを利用して、文字の大きさや位置関係を確認することができます。

縦と横の直線は平行感覚で並んでいるので、文章同士の感覚を見やすく配置することも簡単です。さらに、縦と横の直線は垂直に交わっているのも便利な点です。文章やイラストを縦横揃えて配置すると、とても見やすいデザインになります。
メモリを利用して、配置した文字やイラストの位置関係を保持したまま簡単に移動することができます。

全体のどの位置にイラストや文字が表示されているかを確認できるので、簡単に見やすいオリジナルのぼりが作成できます。イラストを描き足したい時も、メモリを利用すれば大きさや位置を誰でも簡単に把握することができるでしょう。

関連記事