のぼり旗のコピー

おでんのぼり旗

見た目にこだわる飲食店や販売店など、様々な種類の店舗を営業するにあたり、
より集客を獲得するための宣伝活動は非常に重要な要素の一つです。

こうした宣伝や広告活動には様々な手段がありますが、周辺の住民や
通行人に広く視認してもらう方法として、のぼり旗を設置するのは
有効な方法です。

のぼり旗は製作費が安価で、また大量に作成すればさらに単価が
安くなるため広い範囲に設置する予定がある場合などに最適です。

また、デザインも自由に施すことができるため、よりインパクトのある
視認性を持たせることもできます。

認識するのぼり旗に使用するコピーも、集客に際して非常に効果の高いものですが
どういったコピーを採用するかによっても、その視認性に大きく影響します。

あまりに長い文章などでは、文字が小さくなりすぎて、視認性が悪く
なりますので単純明快で、旗の面積いっぱいに大きな文字を入れる方が、
一目でどういった内容なのかを認識することができますし、走行中の車
などからでも簡単に内容を把握することができます。

キャッチコピーと企業理念の密接な関係

企業はそれぞれ独自のキャッチコピーを消費者に伝えてきましたが、会社が掲げる理念をそこに表されてきて多くの人々に認知されてきたのでしょうか。

これまでテレビを中心としていわゆる大企業が企業メッセージとし伝えてきました。日経BPコンサルティングの『企業メッセージ調査』はブランドプロジェクトの一環として2002年から開始しました。この調査はメッセージから企業名を正しく回答できた割合となる企業名想起率をランキングしています。

これまでのテレビ全盛の時代には音と映像を組み合わせた広告展開の一環として企業メッセージは多くの人に周知し認識してもらうのには有効でした。

しかしテレビ離れに伴って企業名想起率も年ごとにはっきりと減ってきているのです。
このままでは消費者の認知はテレビを頻繁に見ていた時の記憶や受けた印象がとどまってしまいます。

近年発達してきたウェブサイトを利用して企業理念や企業認知を知られるように活用が充分されてきたとは言えないのです。

企業のメッセージ、知ってもらいたい理念に沿ったものを短いコピーを使って発信できる幟旗の有効性が改めて見直されてきています。
コピーの文字の大きさや色合いなどで消費者の購買意欲まで繋がるものがあります。

関連記事

10のぼり旗製作のこだわり

ご連絡先
  • あなたにとっておきのデザインで
    素敵な完全オリジナルのぼり旗をあなたに
  • 京都のれん株式会社
  • 〒604-8235
    京都府京都市中京区錦堀川町659
    京都松田ビル7F
  • 営業時間 平日9:00−18:00
  • 電話 075-254-2354
  • FAX 075-254-2357
ダウンロードアイテム データ入稿用テンプレート Fax注文書 カタログお取り寄せ

アーカイブ