のぼり旗に使われる生地のはなし

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
季節感

のぼり旗は、それ一つで遠くからでもよく目立ち、宣伝効果が非常に大きいものです。

こののぼり旗は、最近の新しいツールではなく、昔から愛用されており
現在でも、宣伝ツールのトップクラスといってもよいでしょう。

オリジナル性を出しやすいという点でも優れています。
ですので、旗に使う生地の種類も昔より大変多くなっています。

オリジナル性を出しやすいのぼり旗には、さまざまな生地が使われています。
その中でもよく使われているものは「ポンジー」というものです。

%e3%83%9d%e3%83%b3%e3%82%b8

ポンジーは薄くて軽いので、とても扱いやすいとされています。
街でよく見るのぼり旗の約90%に使われており、価格もリーズナブルになっています。

そのため、オリジナルののぼり旗を作るというのであれば、最も使いやすいといえるでしょう。

次によく使われているものは「トロピカル」です。

%e3%83%88%e3%83%ad%e3%83%94%e3%82%ab%e3%83%ab

トロピカルは糸がポンジーの約2倍使われているので、抜群の耐久性を持っています。
のぼり旗は屋外でもよく使われるものなので、その際長期に設置しても大丈夫でしょう。

また、「エステル帆布」とよばれるものもよく使われています。
船の帆に使う生地によく似た風合いのポリエステル素材ですので、
厚地でしっかりとしているところが特徴です。

このエステル帆布も、屋外に設置する場合にはとてもよい耐久性を発揮します。

このように、のぼり旗に使うことができる生地には多くの種類があります。
オリジナルののぼり旗を作るときは、まずどのようなところに設置するのか、
文字はどのようなものを入れたいのかによって、慎重に選ぶことが大事でしょう。

関連記事