のぼりのサイズ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
試す

街中を歩いていたり、車を運転していたりして
店舗などの看板と同じくらい目にすることが多いのが、のぼり旗になります。

現在では、店の業種を問わずに置かれているところが数多くあります。
こののぼり旗を置くことにより、足を運ぶお客さんが増えたというケースもあり
とても重要なものとなっています。

のぼり旗にはサイズがあるのですが、通常の定番は、横が600mmで縦が1800mmの
普段目にすることが多いもので、この定番以外にも販売しているところにもよりますが
スリムタイプや、イベントなどで大勢の人たちが集まる場所に最適なジャンボタイプに
スーパーなどの食料品売り場などで見かける卓上用タイプなど
オリジナルサイズののぼり旗があるのです。

どのサイズも、店の案内や多くの人たちに情報を伝えるために
今ではなくてはならないものになります。
サイズを使い分けることによって、より注目を集めて
お客さんの興味を引くものといえるでしょう。

 

車から見える看板とのぼり|効果的な広告の出し方

車から見える看板とのぼりの効果的な広告の出し方についてですが、1秒で内容がわかる広告であるかどうかが大事なポイントとなります。
車はスピーディーに移動するので、運転手がパッと見て一瞬で情報が飛び込んで来る状態のシンプルでわかりやすい内容の広告がベストです。
ごちゃごちゃしていて内容がわかりにくい広告はそのままスルーされてしまう可能性が高くなってしまいます。

歩行者は立ち止まって看板やのぼりを見ることが可能ですが、車の場合はそれが不可能です。
わざわざ車を停車させて看板やのぼりを見る人はいないでしょう。そこで重要になるのが看板やのぼりの文字です。

屋外看板に最適な文字の大きさというものがあり、視認距離と適切な文字の大きさの目安として「公共交通機関旅客施設の移動円滑化整備ガイドライン」が設けられています。

視距離により最適な案内用図記号の基準枠寸法や和文の文字高や英文の文字高がそれぞれ異なりますので、ガイドラインを参考にして見やすくわかりやすい文字の看板やのぼりを作って効果的な広告の出し方を実現させましょう。
文字だけではなく、人目につきやすいカラーやデザインや形状などでインパクトを持たせることも重要になります。

関連記事

10のぼり旗製作のこだわり

ご連絡先
  • あなたにとっておきのデザインで
    素敵な完全オリジナルのぼり旗をあなたに
  • 京都のれん株式会社
  • 〒604-8235
    京都府京都市中京区錦堀川町659
    京都松田ビル7F
  • 営業時間 平日9:00−18:00
  • 電話 075-254-2354
  • FAX 075-254-2357
ダウンロードアイテム データ入稿用テンプレート Fax注文書 カタログお取り寄せ

アーカイブ