のぼりで母の日

母の日のぼり

母の日のぼり母の日のプレゼントなどを買い求めるために、生花店を利用する消費者の数は
全国的に増加傾向にあり、魅力的な草花をしっかりと見極めることが大切です。

ただし、一般の消費者にとってはおすすめの草花について上手く理解を
することができないことがあるため、生花店の経営者にとっては人気のある
アイテムをきちんとアピールすることが求められています。

そうした中、のぼり旗の機能を利用することによって母の日の贈り物に
ぴったりの商品を選ぶことができ、長期的に見てたくさんの利点が
あるといわれています。

のぼり旗を店内に設置する際には、期間や場所にこだわることが重要とされ
顧客へのアピールの方法を工夫することが何よりのポイントとして挙げられます。

のぼり旗の宣伝効果の高さに関しては、様々なメディアでも紹介されることが
あるため全国の製菓店の経営者の間では、日ごろから有意義な情報をとらえることが
課題としてみなされるようになっています。

ギフトのぼり

母の日の由来|日本に広まったのはなぜ?

起源は1910年のアメリカのウェストバージニア州にあります。

当時のウェストバージニア州の知事が、「5月の第2日曜日を母の日にする」と宣言したことで生まれました。その背景には、アンナ・ジャービスという1人の女性の存在がありました。

アンナの母アン・ジャービスは、アメリカの南北戦争にて「マザーズデー・ウォーク・クラブ」を作り、敵味方関係なく献身的に負傷兵のケアを行っていた素晴らしい女性だったと言われています。

その母が亡くなった後に、アンナ・ジャービスが亡き母を教会で追悼した際に、参加してくれた人に母の好きだったカーネーションを配りました。このことが始まりだと言われています。

このアンナの行動が元で、カーネーションがシンボルになったと言われています。そして、州知事の宣言とともに、それが徐々にアメリカ全土に広まっていき、1914年に正式に制定されました。

日本で初めてイベントが開催されたのは明治末期頃です。教会で行われたこのイベントがきっかけで、日本の国民の間にも少しずつ広まっていったと言われています。

今では赤いカーネーションが定番色になっていますが、制定された当初は亡くなった母を偲ぶ思いが込められた白色がシンボルとされていました。

関連記事

10のぼり旗製作のこだわり

ご連絡先
  • あなたにとっておきのデザインで
    素敵な完全オリジナルのぼり旗をあなたに
  • 京都のれん株式会社
  • 〒604-8235
    京都府京都市中京区錦堀川町659
    京都松田ビル7F
  • 営業時間 平日9:00−18:00
  • 電話 075-254-2354
  • FAX 075-254-2357
ダウンロードアイテム データ入稿用テンプレート Fax注文書 カタログお取り寄せ

アーカイブ