いちご狩り農園まで誘導

いちご狩りのぼり

いちご狩りのぼりいちご狩り農園は、若者から中高年世代の人々までに親しまれている
観光スポットとして扱われることがあり、全国の各地域においては、
顧客を集めるためにいろいろな取り組みが行われています。

例えば、車で訪れる観光客に対してのぼり旗などを使って誘導をしている
いちご狩り農園に関しては、多くのユーザーからの圧倒的な支持が
集まっています。

のぼり旗は、道案内をするスタッフが不足している場合などにも
有効に活用することができるため、人件費の削減のためにも
もってこいのアイテムとして知られています。

中でも、全国のいちご狩り農園に設置される機会の多いのぼり旗の
特徴に関しては雑誌やホームページなどでピックアップされて
いることから多くの消費者にとって身近な存在となっています。

のぼり旗のメリットに関しては、今やあらゆる業界の間で話題に
上ることがあり、ビジネスのためにも有効に活用できることが
何よりも大きなポイントとされています。

いちご狩りの元祖「石垣いちご」!石垣を利用していちごを栽培

苺農園静岡県の特産品である石垣いちごは1966年(昭和41年)からいちご狩りが始まったのが特徴です。栽培自体は明治から行われており、この地方の気候にあった果物の一つです。

海岸沿いの斜面を活用した栽培方法で、数種類をメインにしています。明治時代には現在の石垣いちごの基礎が作られていたので、他府県と比較をして早くから栽培していたのです。

静岡県は何種類かの銘柄を開発そして販売までしています。クリスマス前から出荷が多くなり、ゴールデンウィークぐらいまでは一度狩りが楽しめるのが魅力です。地元以外に他府県から観光バスで訪れる方が多く、それぞれの農園にシーズン中はかなりの来客数があります。

富士山が見える場所で家族や友人と手軽に楽しめるレジャーとして人気です。高級な品種を自分でとって食べるので、味が良くい大粒のいちごは人気があります。

全国的にもこのスタイルは珍しく、施設によっては貸し切りが可能です。施設にはトイレがあるので年配の方や小さなお子様がいる方にとって安心して利用が出来ます。

農園により値段や内容が異なるので予め確認して予約をすると良いです。日本で初めてこのサービスを始めた場所で、楽しむ事ができます。

関連記事

10のぼり旗製作のこだわり

ご連絡先
  • あなたにとっておきのデザインで
    素敵な完全オリジナルのぼり旗をあなたに
  • 京都のれん株式会社
  • 〒604-8235
    京都府京都市中京区錦堀川町659
    京都松田ビル4F南
  • 営業時間 平日9:00−18:00
  • 電話 075-254-2354
  • FAX 075-254-2357
ダウンロードアイテム データ入稿用テンプレート Fax注文書 カタログお取り寄せ

アーカイブ